にんにく卵黄

長寿の里「あっとよか」の薩摩黒にんにく卵黄※無添加

長寿の里 薩摩黒にんにく卵黄」は、地元鹿児島の風土の恩恵をたっぷり受けた
原材料を使用したにんにく卵黄です。

yoka.jpg

鹿児島の大地は、火山灰土壌で非常に肥沃で、にんにくの生産に適しています。
また、清流にしか生息できないとされるほたるが、
今なお生きづく程のきれいな水
を使用し、
鶏卵は飼育環境にこだわったものだけを使用しています。

「薩摩黒にんにく卵黄」に使用されている黒にんにくは、無添加、無加水で、
約1ヶ月間をかけて生にんにくを発酵させたものです。


発酵食品は、生のものよりも何倍も栄養価が高くなることが知られています。
黒にんにくも、発酵することで生にんにくと比べて栄養価は上がりますが、
一方で気になる臭いは減るという、ダブルでうれしい効果が現れます。

また、卵黄は、持つと摘めるほど濃くい有精卵を使用しています。
是非、「薩摩黒にんにく卵黄」で、薩摩の大地のパワーを体感してみてください。
きっと、毎日の生活にはりが出るはずですよ


長寿の里 薩摩黒にんにく卵黄


タグ

胃にやさしい!やわた熟成にんにく卵黄

胃の弱い方は、ニンニクの成分が胃を刺激してしまうことが
あります。そんな方には、やわた 熟成にんにく卵黄
がおすすめ!

やわた 熟成にんにく卵黄は、青森の福地ホワイト六片種を使用し、
やわたの熟成にんにく卵黄は、
胃にも優しいと評判です


yawata.jpg


船越英一郎さんが健康パートナーを務めることでおなじみの、「やわたのにんにく卵黄」は、
ひとつひとつ、職人の手で熟成された黒にんにくを使用しています。



この黒にんにくは、にんにくを熟成させて作っていますが、この熟成過程は、機械や
コンピューターが発達した今日といえども、職人さんの知識と経験が欠かせないそうです。


気温、室温、季節などによって熟成課程は左右されてしますため、それらの微妙な調節が、
品質の良い黒にんにくづくりには必要だからです。

また、「やわたのにんにく卵黄」のもうひとつの材料、卵黄ですが、こちらは、なんと、
獣医師が常在する養鶏場で飼育された卵を使用しています。

服用するなら、健康できちんと管理された鶏の卵を食べたいですから、
専門家が管理している養鶏場というのは、非常に説得力がありますね。

それらを飲みやすいソフトカプセルにしてある「やわたのにんにく卵黄」は、
1日2粒で良いということですから、きっと、あなたにも続けられるはずです。


【熟成にんにく卵黄】はこちら

タグ