美肌の基礎知識

正しいお手入れで熊野筆を長持ちさせる

熊野筆を購入しました。
お値段も安くないですから、購入するまでに、半年くらい迷いました。

購入するきっかけとなったのが、実際に熊野筆を手に触る機会があって、
今私が愛用している人工毛のメイクブラシと全然肌触りが違うし、
お肌の摩擦も断然少ない!というのが決めてなりました
IMG_5111.jpg

せっかくの熊野筆も、間違ったお手入れをしてしまうと長持ちしません。
良い物を長く使うためにも、正しいお手入れ方法を調べました


メイク後のお手入れ


熊野筆を長く使うためには、毎回メイク後に簡単なお手入れをしておきましょう。
メイクで使用した後は、熊野筆についた化粧品を落として下さい。この時、熊野筆を手の甲や腕などをつかって軽くはたくだけでOKです。
これをしても化粧品が残っている、色残りが気になる時にはティッシュで軽く拭き取ってあげましょう。

月に1度のお手入れ

フェイスブラシやチークブラシなど、大きめの熊野筆の場合は月に1度位で良いので、クシを通してあげましょう。 クシを通してあげると、穂先の奥に入り込んでしまった汚れや化粧品を取ることができるので、よりキレイな状態に保てます。 クシは普通の目のもので構いませんから、始めは毛先から少しずつ通して下さいね。いきなり根元から通してしまうと、毛が切れたり絡まったりと、熊野筆が傷んでしまう原因になりますので注意しましょう。

熊野筆の収納方法

毛先にクセがつかないように、ペンスタンドなどに穂先を上にして立てて収納するのがオススメです。
また、箱や引き出しに寝かせて保管しても良いですが、スペースを十分にとっておかないと、クセや逆毛ができてしまいます。余裕を持たせて収納して下さいね。

熊野筆 してはいけないこと

市販されているブラシ用のクリーナーなどはアルコールやシンナーが含まれている可能性がありますので使用厳禁です。
このようなものを使用すると、染料が落ちたり毛が抜ける可能性がありますので、絶対に使用しないで下さいね。

私は楽天のコスメ堂で購入しました。レビューもよかったし、
ランキング上位なのでここに決めました。

IMG_5106.jpg

お店の対応もよかったですよ。

▼楽天のコスメ堂で購入しました▼

楽天カードだとポイント2倍です。さらにボーナス特典で熊野筆メイクブラシ分もお得!

コーヒーで顔シミ軽減・美白効果  あさイチ

coffee.jpg
NHKのあさいちでも紹介されたコーヒーのシミ・美白効果。
最近、新聞や雑誌でもコーヒーの美容への効果を取り上げられています。


女性にとって気になるシミ。
いつまでも若くありたい、見られたいと思う女性にとってシミは大敵です。
シミやシワの原因となるものは、主に紫外線の影響です。
自然に存在している紫外線は、皮膚にとって良い面もありますが、体内を酸化させることでも知られています。
そこで、抗酸化物質を摂り入れることが対抗策として考えられます。その代用的なものとしてあげられるのが「ポリフェノールです。

このポリフェノールを摂取するとしないとでは、シミやしわの状態が変わると考えられています。


ある調査によりますと、コーヒーを一日2杯以上飲む人と、そうでない人と比べると、前者の方がシミが少ないという結果が出ています。

(※コーヒー1杯150mg以上)

ポリフェノールというと、チョコレートや緑茶などにも含まれていますが、特にコーヒー由来のポリフェノールは、肌により効果的であると言われています。

コーヒーを作る時、そのまま生の豆の状態で使うことは少なく、焙煎されているものを使います。
実は、生の豆よりも焙煎したほうがコーヒーのポリフェノールは減るのですが、それに変わってポリフェノール複合物は増えている結果に。
したがって、総量的にポリフェノールの変化はないと考えられています。

普段の食事などで、ちょっとしたことでも大きく変化があります。それほど体内に取り入れる食物の影響は大きいのです。

「栄養」と考えてしまうと難しくなってしまいますが、コーヒーなどの嗜好品を上手に取り入れ、ちょっとした工夫で美しい肌を保つことが出来きます。


おすすめ!!コーヒーをもっともおいしく味わうことができる「ほのコーヒー」
今なら1260円+送料650円=合計1910円⇒送料無料 54%OFF880円

コーヒー200gが880円/送料無料!
極上のコーヒーを味わってみませんか?

私も注文しました。
とってもフレッシュな豆の香りでおいしかったです。
IMG_4911.jpg

繰り返し読みたい美容の本 皮膚科医の吉木信子さん

アファフォーの私ですが、最近やはりお肌の潤い、ハリがなくなってきているような気がします。
そこで、手にした本が吉木伸子さんという皮膚科医が書いた本。

私の美容法が間違っていたことが多々あることに気が付きました。

読んだ本は、
大人のスキンケア再入門
スキンケア悩み解消


それから薬剤師さんが書いた
「薬剤師マダム・カヤヌマ」の素肌きれい塾。

アマゾンで中古本なら1円~100円の激安で買えます。

この3冊を読んで、オイルクレンジグを必要としないミネラルファンデーションを使い始めました。

すると、今まで繰り返していた顔の小さな赤いブツブツができなくなりました。

肌もつっぱらずに、化粧水だけでも十分な感じです。

以前べったり塗っていた保湿クリームも、今では保湿したい部分をポイントだけ塗っています。

化粧品のヒリヒリ、ベタベタは肌からのイエローカード!

0758d633.png化粧品を使ってみて、「ヒリヒリ」や「ベタベタ」を体験したことがありませんか?

化粧品を肌に付けたときにヒリヒリと感じたら、すぐに使回をやめてください。

「ずっと使っていたら、いずれ肌が慣れてくる」ということはあり得ません。

ヒリヒリと感じるのは、その化粧品が肌に合っていない証拠です。

「もったいないから」
「でも、ほかの人は大丈夫だったし、きれいになった」

という判断で、使い続けると、化粧品かぶれを超こす危険性が高く、
美肌どころか、トラブルを起こしてしまいます。

 また、一度ぬっただけで肌がベタベタするコスメも注意です。
このベタベタは、ヒアルロン酸によるものです。

ベタベタ=十分な保湿

と考えがちですが、肌にとって、過剰な保湿になっている可能性があります。

「ヒリヒリ」や「ベタベタ」は、肌からのイエローカードだと思ってくださいね。