2011年11月の記事一覧

四季彩 ピールオフ ゴマージュで肌のごわつき解消!

日本女性の肌は世界一デリケート。そんな肌でも気になるのは、毛穴汚れや角栓、古い角質による肌のごわつき、くすみですよね。

でもピーリングコスメを使うのは乱暴な気がして怖い...。そんな方におすすめなのが、保湿力の高いコメ発酵液が主成分の四季彩 ピールオフ ゴマージュです。

IMG_2700.jpg

メイクを落とし、洗顔を終えた清潔で乾いた肌に、四季彩 ピールオフ ゴマージュを1プッシュ目の周りや口の周りをさけて、優しくマッサージ。それだけで毛穴の汚れや古くなった角質がぽろぽろ取れていきます。中に含まれているのは、もちもちした質感のつぶつぶなので痛みもありません。だから肌への負担が少ない感じ。


実はこのもちもちしたつぶつぶが、毛穴の汚れや黒ずみ、古い角質をしっかり吸着させて、落とすしてくれるとか。

ゴシゴシこすらなくても大丈夫だから、摩擦が気になる私にはありがたいピーリング。このつぶつぶが汚れなどを吸着して落としてくれるので、肌を痛めません。

円を軽く優しく描くようにつぶつぶを転がすのが、きれいに落とすポイント♪。こすらなくても、肌に余計なものはきれいに落とせます


仕上がりも、こすらないように、軽く四季彩 ピールオフ ゴマージュをすすぎ残しがないように洗い流すだけです。すると本来のなめらかで柔らかい肌に変わっていくのが実感できます。

1週間に1~2回、四季彩 ピールオフ ゴマージュでのお手入れをするだけで、なめらかで柔らかい肌を現状キープ。

いままで肌に乱暴かもと敬遠していた私も納得できる使い心地♪


お米で潤い肌 四季彩 好評トライアルセットはこちら

2011年11月18日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:ニキビ対策

新日本製薬のヒートダイエットスリムホットスープで代謝を上げる!

新日本製薬のヒートダイエットスリムホットスープでよぶんなものを燃やしちゃお!!
IMG_2614.jpg

最近、40歳を目の前にしてお腹がぽっこりでメタボ気味。それに全体的にメリハリがなくなってきているような。


食べる量は同じなのに、何で太るの?

と疑問思って調べてみたら、40歳ごろから代謝が
落ちて、痩せにくくなったり、太りやすくなったりするらしい。


代謝をよくすると、脂肪の燃焼力が上がり、太りにくい体質になるとか。さらに、代謝をよくすると、いいことがいっぱいあって、冷え性や肩こりから解放されたり、細胞の生まれ変わりの周期も早くなり、美肌効果もあるそう。

代謝を上げるサプリって、生姜、トウガラシ成分とかもあるけど、新日本製薬のヒートダイエットスリムホットスープの場合は、おいしく自然に辛み成分を楽しめるし、カロリーも1食80kcal前後で抑えられているので、食べ過ぎた分をリセットできたり、調節できる食事として取れるのもうれしい。

IMG_2618.jpg

新日本製薬のヒートダイエットスリムホットスープは、ヒートという名前が付いているだけあって、辛みのあるスープがセットになっています。

生姜と溶き卵のサムゲタンスープ×2個
コチジャンの辛みチゲスープ×2個
ピリ辛サンラータン風スープ×2個
オリジナルスパイス スープカレー×2個
鯛と山椒のゆず皮入り和風スープ×2個

作り方は簡単で、カップにお湯を入れて10秒待てばOK!
IMG_2612.jpg

中のつぶつぶは、お肉みたいな触感なんだけど、
植物性のたんぱく質なんだって。
ダイエットしていると、なんか無性に噛みたくなるのだけど、ヒートダイエットスリムホットスープだと
このつぶつぶが噛む欲求を満たしてくれる感じ
IMG_2613.jpg


新日本製薬のヒートダイエットスリムホットスープは、カロリー低めでおいしくて、安心できる点もいいね。


ダイエット食品というと、味気なかったり、単品だと飽きたりするのですが、新日本製薬のヒートダイエットスープはとってもおいしいので、続けるのも簡単

「ごちそうさま」というころには、体の中から温まってぽかぽかしてきます。

おにぎりとヒートダイエットスープの組み合わせでも
たったの150kcal(おにぎり)+80kcal=230kcalなので、かなりのカロリーは抑えられます。

新日本製薬のヒートダイエットスリムホットスープは、腹もちもいいし、おいしいし、忙しいときでも
手軽なのがありがたいです。

7つのスパイスをブレンド。辛味にこだわったダイエットスープはこちら

鉄分摂取で思い出すハンバーグ


新聞の中に「くらし○得ファイル」という体のことや
お料理について役立つことが記事なかにあります。
その中で、貧血を防ぐ食べ物について書いていて
人が1日に失う鉄分は約1ミリグラムだそうです。

貧血を防ぐには、主に動物性食品に含まれるヘム鉄
と主に植物性食品に含まれる非ヘム鉄を食事でキチン
と取ることで、鉄だけを摂取すればいいわけではなく
鉄に吸収を高めるビタミンCやヘモグロビンの材料になる
たんぱく質も一緒に取る必要があるといいます。

*鉄もたんぱく質も豊富な食品は
 牛肉、レバー、カツオなど赤みの魚、アサリ
*ビタミンCの多い食品は
 緑黄色野菜、果物などです。

レバーで思い出しますが、数年前子供のお産で
入院中に出た食事の中に「レバーハンバーグ」があり
それが美味しくて、今でも忘れません。


栄養士さんがお産に合わせた料理を作って下さったのでしよう。
自分で作ってみたいと思いながら作らず今日まできました。
でも新鮮なレバーを見ると買って料理します。

レバーの血抜きをして中の血の塊を取り除き、砂糖
醤油、酒、みりん、ショウガを入れて甘辛く煮詰めます。
レバーの臭みを取るのは下準備をキチンとしないと
美味しくできません。レバー焼き鳥も美味しいです。


鉄分は、青汁でも補給できます